CategoryCreative

Simple Gallery の設置方法

このサイトにあるようなDrupal6で動作するSimple Galleryの設置方法メモ

1、以下のモジュールをダウンロード後解凍し、site/all/modules/ 配下にアップロードする。

・タクソノミー / taxonomy

・CCK imagefields

・画像キャッシュ / ImageCache

・Lightbox2

 

2、コンテンツタイプを新規に追加する。

 

3、タクソノミーでボキャブラリーを新規に追加する。その際、2で作成したコンテンツタイプを選択する。

 

4、画像キャッシュ / imagecache で新しいプリセットを追加する。その際、アクションを任意に変更する(サムネイルにした時のリサイズ設定)。

 

5、Simple Gallery Setting へ遷移する。

(1) Vocabulary・・・タクソノミーで作成したカテゴリーを選択する。

(2)CCK Imagefield・・・field_imageを選択する。

(3)ImageCache Preset・・・画像キャッシュで作成したプリセットを選択する。

(4)以下は1ページに表示する列数など任意で選択する。

 

6、コンテンツの作成から画像をアップロードする。

 

7、http://{yourdomain}/gallery へアクセスすると上記で設定した通り表示される。

テーマへの表示領域追加方法

Drupal6.x のテーマに表示領域の追加を行いたい場合がある。

1、/sites/all/themes/{name}/{theme name}.info 内に

regions[xxxxx] = yyyyy

を追加する。

2、/sites/all/themes/{name}/templates/page.tpl.php 内の表示したい箇所に

        <?php if ($xxxxx): ?>
          <span id="xxxxx">
            <?php print $xxxxx; ?>
          </div>
        <?php endif; ?>

を追加する。

3、管理セクション→サイトの環境設定→パフォーマンスでデータキャッシュをクリアする。

(上記を忘れがちなので注意)

4、管理セクション→サイトの構築→ブロックで確認すると新しい領域が追加されている。

角丸画像

 

PhotoShop

アプリのヘッダ作成などで、ヘッダの角を丸くしたいときのメモ
 
Pattern1
 
1.レイヤーウィンドウの中の背景レイヤーをダブルクリックして OKをクリックし、ただのレイヤーにする
 
2.メニューの「選択範囲」/「全てを選択」を選んで画像 全体を選択状態にする
 
3.「選択範囲」/「選択範囲を変更」/「滑らかに…」を選択
 
4.角を丸くする大きさを入力
 
5.選択範囲の角が丸くなるので「選択範囲」/「選択範囲を反 転」を選び、deleteキーで消去
 
 
Pattern2
 
1.ツールウィンドウの中の長方形ツールを長押しし、角丸長方形 ツールを選択する
 
2.オプションウィンドウにある「丸み」の数値で丸みの大きさを 決める
 
3.角丸長方形ツールで希望の大きさで画像を囲む
 
4.そのまま画像の上で右クリックで「選択範囲を作成…」を選び パスを選択範囲に変換 
 
5.「選択範囲」/「選択範囲を反転」を選び、deleteキー で消去 
 

WordPress instration on SakuraVPS

 

さくらVPSでWordPressをインストールし、テーマやプラグインなどをWebからインストールしようとするとFTP情報を求められる。その回避法。
 
① wp-config.php に下記を追加
——————————————
define('FS_METHOD', 'direct');
——————————————
 
② wp-content/upgrade を作成
# mkdir wp-content/upgrade
 
③パーミッションを書き込み可に変更
# chmod 0707 wp-content/upgrade
 
③同様に wp-content/themes と wp-content/plugins にも書き込み許可を
# chmod 0707 wp-content/themes
# chmod 0707 wp-content/plugins
 
④メディアなどブラウザからアップロード可能に
# chmod 0707 wp-content/

BuddyPress Instration

SakuraVPSにWordPressをインストールしプラグインのBuddyPressをインストールしたときメモ

①ダウンロード
# wget http://ja.wordpress.org/wordpress-3.2.1-ja.zip
 
②解凍
# unzip wordpress-3.2.1-ja.zip
 
③移動
# mv wordpress /var/www/html
 
④DB接続ファイル内容編集
# cp -pr /www/var/html/wordpress/wp-config-sample.php /var/www/html/wordpress/wp-config.php
# vi wp-config.php
 
⑤ブラウザからアクセスしインストール
 
⑥プラグイン新規登録からBuddyPressをインストール
※ここでVPSではFTP情報を聞かれる場合がある。下記を追加する。
#vi wp-config.php
———————————————
define('FS_METHOD', 'direct');
———————————————
 
⑦ディレクトリの作成と権限変更
# mkdir wp-content/upgrade
# chmod 0707 wp-content/upgrade
# chmod 0707 wp-content/themes
# chmod 0707 wp-content/plugins
 
⑧ブラウザからインストールしたが・・・

© 2017 switch over