CategoryEssay

Thought that the weapons program in the city lost

〜 感動したすばらしい良記事 〜

Keep Crazy;shi3zの日記より

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

喪われた街で考えた、プログラミングという武器

日曜日の午前0時、トランク一杯に毛布やら食料やらを積んで、被災地に行った。

親戚が多く住む、見慣れた街。

そこで見た変わり果てた街の姿に、僕は言葉を失った。

 

大自然の猛威という言葉はあまりに簡単で、簡単だから口にできない。

この光景を現実に目の当たりにして、僕は涙よりもどんどん心が冷たく冷めていくのを感じた。

ホラー映画を見て、「あれは作り物だ、CGだ」と自分に言い聞かせるように。

何度も何度も言い聞かせた。

しかしそれはどこまでも、徹底的に、現実だった。

無慈悲な海はあまりにも多くのものを飲み込んだ。

誰が悪いというわけでもない。

国道を挟んで、海側が壊滅し、山側は残った。

津波の被害を免れた山村も多くは屋根瓦が落ち、ビニールシートで補強していた。

ときどき、開けた場所では、しばしば津波は国道を乗り越えた。

線路は壊滅し、車は流された。

学校や職場にも行くことができなくなったのだそうだ。

自分が生き残ったのは、単に運だ。

生き残った人はそう言った。

この極限状況下で、生まれたばかりの我が子を見殺しにするような選択を迫られた人も居たそうだ。

こういう場面を間近に見て、僕は気がおかしくなるのではないかと恐れていた。

けれども現実は逆だった。

逆に僕はどんどんどんどん、冷静になっていくのだった。

心が熱を失い、しだいに冷たく、ひんやりしていくのだった。

あまりに想像を絶する極限の状況に陥ると、人の心は防衛本能を発揮して心を閉ざしていくのだそうだ。

その防衛機構が、僕に働いたのかもしれない。

いけどもいけども廃墟だった。

見覚えのある景色は、どこにも無かった。

親類も含め、被災者となった人たちは、おしなべてみな、元気そうだった。

というよりも、カラ元気でも出さなければ、やってられない、といった感じだった。

ここでは誰も原発の影響を恐れていなかった。

家が亡くなり、職場が消滅してしまった人たちにとっては、原発の影響など、何十年も先のことだ。

それよりも今、目の前の状況からどう立ち直るかだ。

あちこちのコンビニやレストランに「がんばろう東北」とか、「がんばろう福島」とか書かれていた。

この「がんばろう」は、テレビでタレントが言ってる「がんばろう」とは、別の言葉に聞こえる。

仙台高専の名取キャンパスにも行ってみた。

被災者となった学生たちは交通手段を失い、いまは寮に住んでいるという。

新幹線すら、まだ動いていない。

高速道路は封鎖され、鉄道は線路ごとなくなってしまっている。

ここはいま、本州で一番遠い街になってしまった。

念のためにと携行したガイガーカウンタであちこちの放射能を測ってみた。

東京よりは多少高いが、いずれも1μシーベルト/時未満で、恐れることのない数値に収まっていた。

 「出荷制限されたって地元のモノ食べるしかねえよ」

ある人はそう言った。

僕も地元でとれた米で炊いたご飯と、シャケと、卵で遅い朝ご飯を食べた。

このあたりは、食べ物には困っていないようだ。

停電もしていないらしい。

欲しいものはなにかあるか、聞いてみると、仕事だという。

赤十字が支払う義援金は、家がなくなった一世帯あたり35万円、志望者一人当たり35万円だそうだ。これとは別に国からの補助が300万円ほど出る。

 「中途半端な金なんかあっても使いようがないよ」

いまさらもともと住んでいた場所にもう一度家を建てようなんて気持ちには、到底なれない、と彼は言った。

 「何十年もかけて払って来た住宅ローンが、ぜんぶ一瞬だもんな」

かといってこの地を出て行く気もないのだという。

車すらもない。

田舎にとって車は全ての人々の足として重要な意味を持っている。

その車も、多くは流されてしまってみつからない。

 「まだ買って半年だったのに」

収入もなく、ローンだけが残った。

この現実を前にした時、東北を復興させよう、なんて言葉を僕は言えなくなった。

そんな簡単なものではないのだ。

少なくとも津波で流れてしまったこの街に、人が帰ってくることは、もうないのだ。

福島県は、原発の半径30キロ周囲を喪い、沿岸部をたっぷり5キロは喪い(津波は5キロ離れた場所にまで及んだそうだ)、そのうえでなお、なにをどう復興させればいいのか。

街はもうもとには戻らない。

津波の恐ろしさを知った今、沿岸部に家を建てたがる人はもう居ない。

この膨大ながれきを処分し、整地するのだって途方も無い金がかかるだろう。

未曾有の災害。

しかもこの災害はまだ始まったばかりなのだ。

本当の戦いはこれから始まる

その戦いは、彼等だけのものではない。我々みんなの戦いなのだ。

そのとき僕はなにができるだろうか。

僕はプログラマーだ。

そして、教育者の端くれだ。

僕は日本の私企業のルーツは、私塾にあると思っている。会社の価値を根本的に突き詰めていくと、それは教化と実践に収斂すると思うのだ。

起業家は教育者でなければならないと思っている。

だから数々の学校で教壇に立ったし、講演の依頼があれば原則として断らないことにしている。

九州大学の講師の件は昨年は断ってしまったが、それは僕が教育者としてできる役目は九大に関しては終わった、と感じたからだ。

教養は、経済戦争における最も汎用的な武器である。

それは時には危険から身を守り、未来の出来事を察知し、目的を達成するため最大限に活用される。

教養を武器としなければ、企業人は成り立たない。なぜならこちらが使わなくても相手が使ってくるからだ。

教養を持たずして自由市場に打って出るのは、機関銃を持った相手に素手で殴り掛かるに等しい。

僕が教育者として、そしてプログラマーとして、希望を喪った人々に与えることのできるのは、もちろんプログラミングという武器だ。

基本的に、プログラミングはスキルではなくアートだ。心の内なる叫びを表現する極めて神聖な行為だ。

少なくとも僕はそう信じている。

しかし、このアートは、音楽や絵画よりもずっと習得が簡単で、しかもそれで食っていく人口が最も多いアートだ。

プログラミングを覚えて損をしたという人を未だに知らない。

向いてなかった、とか、楽しめなかった、という人は居ても、損をした、という人はまず居ない。

高校で微分積分をやって役に立っていないという人は多く見たが、親にプログラミングをやらされて人生の時間を無駄にした、という人を僕は知らない。

音楽も絵画も、素質がいくらあっても、気の遠くなるような努力をしなければそれで稼ぐようにはなれない。

しかしプログラミングは、それほど素質がなくても、気の遠くなるような努力をしなくても、真面目にやりさえすれば、手軽に習得ができて、食っていける。

なおかつ、万が一、なにかすごい素質が自分の中に眠っていたとしたら、被災地の四畳半からでも世界を変えることができる。

そういう溢れんばかりの可能性を秘めている。

それがプログラミングなんだ。

今週末、東京で実験的に開催するイベントに、仙台からの参加者が数人来るのだと言う。

しかし今回、実際に仙台に行ってみて、改めてその困難さを実感した。

新幹線もなく、在来線もなく、高速道路さえも分断され、国道も多くは復旧工事で機能を喪っているなかで、敢えて東京までやってくることがどれほど困難か、僕は肌で感じた。

そういうわけだから、本来、予算の問題があって難しいとは思っていたけれども、9leap Game Programming Campを仙台で来月開催しようと思う。

都内のイベントでは会場の都合で30人がギリギリだが、仙台のイベントは人数が多くなるようなら、で

きるだけ広い会場を探そうじゃないか。

残念ながら僕は孫さんほどの大金は持っていない。だからお金で貢献できるのはごくごくわずかだ。

けれどもプログラミングという武器は、それを使いこなせばいずれ100億の富に匹敵するかもしれない力を秘めていると僕は思う。

場所や日程は未定だが、必ず開催する。

そこで優れた素質を持った人と出会えたなら、できるだけ援助しよう。

有力なスポンサーを紹介し、僕自身もできるだけのことはしよう。

もちろんそれは東北に限らない。

もはや東日本震災によって引き起こされた経済的・精神的ダメージは、東北地方だけのものではない。

これは僕たちみんなの戦いだ。

やれる人がやれるだけのことを精一杯やるしかない。

What can we do

RED CORSS 

長期的に東日本大震災の復興支援に関わるマルチなWebサイトをボランティアで構築しています。ご相談ください。

input/output

今日の昼過ぎ、急激に腹が痛くなった。青白い形相にしかめっ面、下半身はすり足でトイレに向い、たどり着いたオアシスで、おりゃ!
 そういえば、2・3日ぶりのうんだった。だから、この世のものとは思えないほど長い代物が窮屈そうにぷかぷかと水に浮かんでいた。
白い紙状の巻物に手をかけようとしたら、張り紙が貼ってあった。
「つまりやすいので流しながらお願いします」
・・・・・・・・えっ
おそいっつーの

 中学生の頃、修学旅行で北海道に行ったときのエピソードだ。知らない土地にいったり、普段と違う環境で何日か生活すると人間って自然とおつうじの調子が悪くなる。三日目あたり、5・6人部屋で友達と会話を楽しんでいると友達のひとりがトイレからなかなか出てこない。心配して声をかけてみると、
「いや~、太すぎて流れね~んだよ」

なるほど!その時、ひらめいてしまった。

「何事もインプットとアウトプットのバランスが重要だ」

 我々は、いつも無意識のうちにバランス感覚を持ち合わせて日々暮らしている。当たり前のことなのだが、意外と意識していなかった。

 昔、手に負えないほど私を困らせる女がいた。彼女からアウトプットされたエネルギーは、私の中にインプットされインプットされ、もうパンク寸前だった。私もちゃんとアウトプットしてバランスを保っていればよかったのだろうが、若かりしあの頃はなぜか我慢し続けてしまっていた。やがて、自由奔放、思いやりのかけらも見当たらないと感じた彼女に対してのストレスは極限に達し、まるで中学の同級生のうんこのように太く長いものとしてアウトプットされてしまったのだ。溜まりに溜まった腸の中のガスを、大気へと放出するとき勢い余って身まで出てしまう時のように、意図しないよけいな言葉まで発してしまい彼女を傷つけてしまった・・・。
 若かりしあの頃は、それが彼女の精一杯の愛情表現であってコミュニケーションを取ろうとしていただけなのに、そのことを半分は理解していてもさほど免疫ができていない私にとっては、苦痛にしか感じられなかった。
 
 日本では、「男はだまって・・・」っていう言葉があるとおり、その頃の私もどちらかというとそちらのタイプであった。それに対し、彼女のほうといえばどちらかというと現代風潮の煽りを受け、アメリカナイズされていたタイプの人間だった。欧米文化ではとにかく討論に討論を重ねる。そこから本音や真理を見い出し、より良いものを生み出していく。カフェなんかで欧米人カップルをみていれば一目瞭然、白熱した論議がオーバーリアクション笑で常時行われている。
 集団主義な日本男児と個人主義な欧米風女性とでは、あまりにも思考や哲学にギャップがあった。到底、わかりあえることなんてほとんどなく、バランスが悪すぎだ。この日常を生き抜くにはあまりにも社会性にかけてしまう二人であった。
 だが、わかりあえないと嫌いは別で、お互いの価値観・ギャップを埋めるべく強い磁波によってまた引き合う。思えば、わかりあえないことを確認するためにぶつかっていたように思う。お互い素直になれないから、ぶつかりあうことでせめてものコミュニケーションをとっていた。この女から発せられるぶつかることでのコミュニケーションのとり方に慣れ理解するのに、思えば結構な時間がかかってしまった。今は、冷静にあの頃の事を分析できるが、当時あまりにも突拍子のない言動をする彼女は、私にとって強烈な「違和」として今でも脳裏に焼き付いている。
 この今までの価値観や哲学を180度、裏切られるようなこと経て人は成長する。育った環境の違いによる「違和」をお互い感じ、ギャップを埋めようと努力した日々は何時にも変えられないかけがえのないものとして、これからの私の暮らしに影響を与えていくのだろう。

 あの頃、MacからWindowsへデータを送るかのように、彼女からアウトプットされた不対応データが私の中にインプットされ続け、ハードディスクに収まりきれなくなる寸前、CPUが処理し損ねて大量のエラーログをはき、ハードディスクがパンクしシステムダウンしてしまった。

 システムダウンしてしまったコンピュータはもう修復できない。
 がしかし、OSは再開発できる。
 私はそれ以来、新しいOS開発の研究に日々を費やし過ごしている。
 バージョンアップされたOSを発売する日は訪れるのであろうか。
 新しいOSに見合うだけの、スペック(CPU/メモリ/HDD)を持ち合わせ続けていくということが、これからの私の生きる課題である。

衝動的行動 ~ 一心不乱 ~ その二

 それからどれくらい歩いたんだろう。半ば放心状態のまま、ただ脚だけが動いている。
 外はJR札幌駅南口、ヒンヤリとした空気が体を軽くした。脳裏には5・6年も前の情景・記憶が蘇生している。道行く人は、東京に比べどこか透きとおった瞳をしていて濁りがない。かといって純粋に見えるかといえばなにか違うような気もするが、顔から幸が溢れている。久しぶりに訪れた場所だからそう見えたのか、本当にそうなのかはわからないが、少なくとも街を漂う空気が透きとおっている。土曜の夜も手伝って街には若者達があふれ、エネルギーを放出している。東京と同じようにひとり言をいいながら今にも発狂しそうな中年男性もいたがどこか顔に幸がある。

 自然が人を創造している。

 こう言ったら道民の人々からお叱りをうけるかもしれないが、本州(内地)で生まれた私からすれば、北海道ってほんとに不思議なところだ。とくに道東は独特の雰囲気がある。気候や大地がそうさせているのかもしれないが、ほんとに神秘的だ。わたしは、そこで多感な19~22までの4年間過ごした。
 道央から道東、本州から道東、ただ移動するだけで人間性や人格がいつのまにか変わっている。どう表現したらいいんだろう。「何言ってんだかあやしい奴」と思われてもしょうがないが、そう感じている人または無意識に変わっている自分がいることを自覚しているひとは、まぎれもなくこのリアルに存在する。感じてることはリアルそのものだ。

 道央や道東には云わずと知れた少数民族アイヌ・コタンの人々が今もなお、その知恵を受け継いで生活している。そのなかのある人の言葉である。

 「人間の義務はね、万物の霊長としてすべての生き物のために祈ることなんだよ。それが、天と地の間に垂直に立つことのできる人間の役目だ。祈り、すべての生命の魂を天に送ることが人間の義務なんだ。神はそのために人間を守ってくれるんだよ。」
 
 戦後、高度経済成長を終え、バブルは崩壊し、平成の大不況、2005年現在景気は回復傾向といわれている。日本には物が溢れ、国は莫大な借金を抱えている。少子化の波は止められず、国の人口は初めてはっきりと数字にあらわれ減少している。人類の歴史の中で人口が減って文明が進化した歴史は未だかつて一度もない。
 これからは、心の時代が到来するといわれる。天と地、自然を感じ祈る。人間も自然の中の一部なんだ。確かなものなんてない。でも、こうして泣いたり笑ったりして生きている。天と地、自然を意識し魂を込める。遥かなる広大な台地の上でそんなことを考えていると、泣けてくる。何かを思い出したわけでもなく、悲しいわけでもないのに、ただ泣けてくる。
 
 周りは、信号待ちで溢れかえる若者達。真夏にしては、涼しい風がひと吹き交差点をひた走る。見上げると光り輝く小さな満月が、泣いている。

生きた証

 昨晩、大学時代の友人の訃報が届く 享年27歳 ―――――――――――――――――――――

 昨日の今日で、私自身まともな精神状態ではなく、まともに文章を書ける自信はないが、今この瞬間に感じてることをありのままの言葉にして残しておこうという衝動にかられた。なぜ、そういう衝動にかられたのか、その真意は・・・・・

 彼女は、素直で明るく気立ての良い感性豊かな人だった。彼女はその場に花を咲かせるような存在で華のある人だった。「佳人薄命」とはまさに・・・まったくどうして。

 感情と臓器にはおおいに関係があるという。東洋医学では下記に記してあることはが、もはや常識だ。

■怒りの波動は肝臓の波動と共鳴関係にあって、怒りの感情が激しい人は肝臓に毒素を溜めやすくなり、肝臓の免疫力が落ちて病気にかかりやすくなる。

■「素問(そもん)」という中国の医学の教科書より
 過度の怒りは肝臓を傷つける
 過度の喜びは心臓を傷つける
 過度の思慮は脾臓を傷つける
 過度の悲しみは肺臓を傷つける
 過度の恐れは腎臓を傷をつける

 二年程前、私は肺の病気を患った。恥ずかしながら確かに、悲しみに心あたりがないわけではなかった。そして、今でも時々痛む。胸が締め付けられるように。最近は特にこれといった悲しいことはなかったと思うが。いや悲しいかどうかさえもよくわかっていない。潜在意識の中で悲しんでいるのだろうか。

 一ヶ月前、彼女は私のサイトを訪れてくれた。~年ぶりに某SNSサイトでみごと再会を果たしたばかりだった。持ち前の明るさと笑いのセンスで、仕事漬けでやつれていた私を心の底から笑わせてくれた。
 そして、このサイトのBBSに足跡を残していった。「久しぶり!これからもよろしく!」という挨拶をすませ、私が「こちらこそこれからもよろしく」というメッセージを返してからその後、連絡は途絶えた。これはいわば、彼女が入院する直前、僕らに向けられた彼女からのメッセージ、生きた証だったのだ。

 人の死亡率は100%。僕らはいったいこの世に何を残せるのだろうか。彼女の死から何を感じ、学ぶことができるのだろうか。若くしてこの世を去った彼女は、何を思って死んでいったのだろうか。幸せな27年間だったのだろうか。永遠に謎だ。

 僕らは、彼女に何をしてあげられるのだろうか。いや、そんなものはありもしない。
 でも、彼女の分まで精一杯生きて、彼女が生きていたという証人なることが、僕らにあたえられた使命だ。肉体は空へと消えていったが、魂は僕らの中に宿る。永遠に。

 この現実を受け入れるのには、いささか時間がかかる。まだ夢の中だから。

 今夜は、一段と冷えている。こんなときに限ってトラブルが起こっていつもより少し遅い仕事の帰り際、ふと見上げるとビルの狭間から月が見えた。空気が澄んでいてきれいだった。東京から見える月も悪くない。でも札幌から見える月はもっときれいなんだろな。
 星になった少女もきっと同じ月を見ている。
 

© 2017 switch over