CategoryBaseball

2011年シーズン

今年も監督ということらしいので宜しくお願いします。

担当コーチは開幕戦前後に決定して発表しようと思いますが、今年は調子の良いピッチャー・バッターを優先的にスタメンを決定しようと思います。昨年はほとんど勝てず楽しさ半減でしたので、今年は楽しく野球をする為にも勝負にこだわっていきましょう!

それでは各自の自主練習の成果を楽しみにしています。

 

Protected: Mailing List

This content is password protected. To view it please enter your password below:

Baseball Theory

Batting

Synchronized stance: ・シンクロ打法
  静止している状態から打ちにいくよりも、ステップを踏んで動いた状態から打ちに行った方がよりタイミングを合わせられる。
<バッティングはタイミング>
Low stand ready: ・低くかまえる
 踏み込んだ時、目線がぶれることを防止する。目線がぶれると、しっかりミートしたつもりでも実際はボールの下っ面を打つ場合が多い。
<より確率の良い打ち方をする>
Pivot leg: ・あらかじめ軸足に重心を置いてかまえる
 一度後ろに重心を移してから前に重心を移すよりも、シンプルに前にだけ重心を移すようにする。
<打ちにいく準備が大事>
Traighten the backbone: ・背筋を伸ばす
 姿勢をよくし、背筋力でボールを飛ばす。
<ボールをみる姿勢を良くする>
Flying elbow: ・肘を上げる
 インパクトまでの距離を遠くすることによってボールをよりひきつけられる。キャッチャーよりの体でボールを強く押し込められる。スピード負けしない。逆方向の打球が伸びる。
<より強くボールを弾き返す>
Pivot spiral: ・軸回転
 上半身と下半身の回転が軸を中心として逆にスパイラルさせる。それによってより力が加わる。具体的には、金玉を股で押しつぶすように・・・。
<下半身で打つ>
Raising leg or shuffle: ・足を上げるかすり足か。
 脚を上げるか上げないかは、個人の選択。脚を上げる事によって下半身を意識した打ち方ができるが、目線がぶれてしまう。すり足であれば、目線はぶれないが手打ちになってしまう。いづれも、その傾向が高いというだけで断定はできない。個人の好み・よりスムーズな動きのほうを選択するべきでは・・・。
<上下左右のバランスが大事>
Flat swing:

・フラットにスイングする。
スイングの軌道で注意しなければならないのは、旧来「ボールをつぶすように上からしばけ」と教えられるが、ここでは違う理論。やはり、確率の問題で「フラットに丸太木を横から斧で切るように」スイングした方が少しタイミングが早かったとしても遅かったとしても球をとらえる確率は上がるはずである。特に軟式野球の場合は多いに当てはまるようような気がする。

Pitching

Basic:  基本的に、投げ方は自分の投げやすい投げ方で一番自分にとってスムーズな動きができる投げ方がベストなのである。
 一般的には、肘から上げて・・・などの教育を少年時代にコーチから教わる。体の一部分に負担のかからない美しいフォームというのはある程度決まっているが、ここではあえて掲載するまでもない。
Check Point:

ピッチングする上での注意点(右投げ)
1、足を上げて、投球動作に入ろうとする時、背中の角度。
 一塁側に倒れないように、地面に対し垂直にバランスよく。
2、充分にためをつくり、ステップするとき右足に充分体重を乗せてからステップする。
 右ひざを少し曲げてからステップ。(フワッ ・ グウーーー ・ ピチン! って感じ)。
3、左腕の使い方は、高くあげるとスピードは出るかもしれないが、コントロールしにくくなるはず。。
  逆に左肩と右肩をなるべく平行にすることでコントロールする力は格段に上がるはずである。
4、右腕を下ろすとき、右腕を一塁側に入れないようにする。
 正しい回内運動で投球する。←コントロールに格段の差がでる。。
5、投球時、右足でしっかりと蹴り、左足に全体重を乗せることでよりアグレッシブな投球になるだろう。投球後、右足が跳ね上がればベスト。

Column:  ピッチングに限らずスポーツは、10代の頃にどれだけ教育に優れたコーチと出会えるかである。(優秀とは、指導する能力であってその人個人のピッチング能力ではない) 経験の浅い10代に、自分の経験や古い概念、固定観念で半ば強制的にピッチングの型を埋め込ませ選手を縛りつけては絶対にならない。選手の能力があるのにその能力を引き出せず、指導者によって潰されていく選手がこの世の中にどれだけいることか。
 だから、私は声を大にして選手に言いたい。「選手は指導者を選べ!」あれこれ、得意げに指導してくる人に対し、「俺はそうは思わない」という自分の考えを貫いて欲しい。指導者によって言う事が違えば当然選手も戸惑う。10代の選手に自分の概念・哲学をもてというのは少し酷ではあるが、頑固にNOといえる考えがない限りまたその選手は一流にはなれない。
 指導者は、技術云々より生き様を背中で語るべきである。感受性の豊かな少年時代に選手は大人をよく観察している。そして、多くを感じている。大人の指導に愛が込められているか込められていないか、少年はすごく感じるのである。本当に選手に伸びてもらいたいという気持ちは魂となって選手に伝わります。野球の場合、精神力が勝敗を大きく左右する。日本ではこれだけメディアが発達しTVをつければプロの選手をみて見よう見真似で技術は伸びる。メンタリティの部分で指導者は一番選手に教えあげられるものがあるのではないか。
 指導者との相性で、伸びる選手も伸び悩む場合がある。二度と戻らない学生時代、よき出逢いを。

Baseball brain vs football brain

Soccer:  サッカーは常にON、未来型思考、時間との戦い、集団による意識プレーで前頭葉使用型。
 現代はサッカー型の人が多く、情報が溢れているカオス社会は試合展開が読めないサッカーと類似。
 企業の経営者もサッカー型組織を目指しているところが多い。サッカー型は「現場での自律的な判断」「創造力」「業務形態の急変」
 コンサルタントやクリエイター、広報、営業なんかはサッカー型。
Baseball:  野球は完全分業型で上意下達、データに基づいてプレーする、基本的に制限時間はない、個人による無意識プレーで小脳使用型。
 野球型は「高い熟練度」「マニュアル重視」「専門性の高さ」が基準。
 システム開発、流通関係、設計などは野球型。
  調理師や公務員、教育関係や医薬品の研究開発などは中間。
Column:  一般的に野球のダラダラ感をあまり好まない人は多い。それでいてサッカーはスピーディで人気がある。サッカーは制限時間があって、その分スリリングだし各プレーヤーがプレーしながら頭をフルに使って、臨機応変に状況に対応していかなくてはならない。監督の戦略も勿論重要だけど、いざピッチに出たらプレーヤーは自主的に状況判断していかないといけない。まさにクリエイティブワーカー、そこがいいと。どれだけいいプレーをしていても点数が入らない限り、勝利はない。成果主義なところもいい。ライブドアはサッカー型、フジテレビは野球型と見ればわかりやすい。まさに世代である。
 だが、現代でも野球とサッカーの人気は二分している。イチローと松井の活躍もさることながら、野球の魅力は逆に時間制限がないことにある、まさかまさかの大逆転激。そう、野球にはドラマがあるのだ。単純な動きのなかでの奥深さ、一撃必殺で相手をねじ伏せる。観る人を魅了するのは野球というスポーツのみならずそこにあるドラマが人を惹きつけてならない。そして、今夜もまた一つのドラマが生まれるのである。
   でも、野球はやっぱり甲子園かな。負けたら終わりの世界で、青春をひた走る。あの一生懸命な姿に誰もが心を打つ。そして一人一人にドラマがある。一生懸命に勝る美しさはないのである。

活動フロー

関東草野球リーグ開催要項

□主催
 関東草野球連盟
□後援
 スポーツニッポン新聞社、西武ドーム、千葉マリンスタジアム、ミズノ(株)、ナガセケンコー(株)
□日曜大会
 通常リーグ  :4月中旬(日)開幕~10月末日までの毎週日曜日開催
 プレーオフ  :11月上旬(日)予定
 ※お盆期間は休み
□会場
 松戸・柏・吉川・三郷・大宮・浦和・多摩川・横浜・茨城南部その他
□試合方式
 総当りリーグ戦形式

 

活動フロー(2週間の流れ)

(2週間前)【主将】試合予定をメンバーに通知し出欠を取る(期限を必ず記載

(1週間前)【主将】出欠登録していないメンバーに催促

  月   【主将/GM】メンバーが10人集まる見込みがあるか判断

  火   【GM】試合が出来る場合のみ、23:00までに試合希望日届を大会本部にFAX送信
      ※この時、公式試合が組めなかった場合の練習試合の申請も同時に申請

  水   【GM】23:00から、◯部専用連絡先 で試合の有無を確認しメンバーに試合確定通知

  木   【GM】試合確定チームは、木曜日中に試合会場の地図をFAX受信

  金   【GM】公式試合が組めなかった場合、練習試合の調整

  土   【監督/主将】ブログに試合のスタメンと目標を掲載

  日   【参加メンバー全員】試合参加・用具片付け・グラウンド整備
      【監督/主将】采配やメンバー表交換など試合にまつわる一切の監督業務、スコアシートサイン交換
      【記録員】個人成績など記録・集金

  月   【GM】スコアシートを大会本部にFAX送信
      【監督/主将】ブログに試合の戦評と次回の目標を掲載
      【記録員】試合スコアと個人成績をウェブ登録

 

メンバー全員でチーム活動がより流動的で活発となるよう協力、思いやりの精神を徹底しよう!

※常時メンバー不足の問題があります。新メンバーのスカウティングをメンバー全員で行ってほしいところです。よろしくお願いします。

 

活動メモ

  • 3月下旬から10月下旬まで2週間に一度のペースで活動する(雨天中止などで実質3〜4週間に一度のペース)。
  • 十分なウォームアップ&練習をしてから望むこと。準備が大切。
  • 道具を大切に使用し手入れをすること。
  • 雨天またはグラウンドコンディション不良時の試合有無の確認は、当日早朝、大会本部が決定(自己判断は×)する。

GMメモ

  • 活動日の1週間前に10人以上の参加者の登録があった場合、試合希望届けを出すこと。
  • 試合当日までにユニフォームとグローブ、車等の確保をする。
  • 試合開始2時間前に駅集合するよう通知する(常に不測の事態を想定せよ)。
  • チームの運営が継続可能となるよう活動費用を開示し平等に回収すること。
  • メンバーのスカウティング活動を継続して行うこと。

主将メモ

  • 出席者が9人以下だった場合、出欠登録をしていないメンバーの個人宛にメールか電話で催促をする。集まらない場合は2週間後に延期する。
  • メンバーとの信頼関係を強め、コミュニケーションを円滑にとること。
  • メンバーのスカウティング活動を継続して行うこと。
  • ミスをしたメンバーを責めるのではなく、どうすればうまくいくかを指導すること。

監督メモ

  • チームを勝利へと導けるよう理論的かつ哲学をもって采配を振るうこと。コンセプトがあれば誰も否定しない。
  • 思い込みや固定概念を捨て常にチームの進歩を目指すこと。
  • 相手チームや審判へのリスペクと精神を決して忘れないこと。勝敗以上に大切なことを自覚せよ。

記録員メモ

  • アバウトでかまわないので、正確な記録を残しメンバーのモチベーションを維持できるよう記録しておくこと。
  • しっかりとメンバーから部費を回収し、チームの存続を支える。

New bat of carbon

今シーズンの打撃不調を理由にニューバット購入したが、その結果やいかに。。

© 2017 switch over